【検証】サイレントワーカー(Silent Worker)その実態は!?

最近話題の仮想通貨を調べていると、「マイニング」 「仮想通貨マイニング」という単語を目にすることが増えてきたと思います。

このよく目にする「マイニング」ついて少し説明をし、副業として稼げるのか?など詳しく説明していきたいと思います。
マイニングを理解するには、まずは様々ある仮想通貨(ビットコインやイーサリアムなど)自体の少し理解する必要があります。

ビットコインなど仮想通貨の取引は、取引記録を定期的にすべて取引台帳といわれるネットワーク上の台帳に追記しています。

この取引台帳というのは、分散型台帳という名前で世界中に公開されています。
世界中の人が取引が正しい取引なのかを、コンピューターで計算(膨大な計算処理)をしてその取引の承認作業をして記帳がされます。

取引の承認作業や追記をほかの人よりも早く計算処理を終わらせ、追記処理を成功させた人には、ビットコインなど 承認作業をした通貨をお礼として支払われる仕組みです。

この お礼として支払われる仮想通貨は新しく発行されるビットコインなどのマイニングをした仮想通貨で支払われる為、このようにして仮想通貨が世の中に生まれてくるのです。
説明したビットコインをもらえる作業の事を「マイニング」といいますが、採掘という意味で、金などを掘って採掘するというイメージが言葉の由来になっています。

このマイニングをする人達のことを「マイナー」と呼びます。
マイニングの良い所はマイニングに必要な電気代を除けば、ほぼ無料でビットコインを手に入れられ、マシンを稼働させていれば働かなくても稼げる(不労所得)と言ったところです。

しかし、現在では昔と違って承認作業の計算も難しくなり個人のパソコンではマイニングが難しく、マイニング専用のハイスペックなマイニングマシンではないと稼ぐのが難しくなっています。個人がマイニングでしっかりと稼いでいくことは、現実的ではないと言えるでしょう。

そんな中でお勧めできる、自動収益系の副業を私から紹介したいと思います。

それがサイレントワーカー(Silent Worker)という不労所得マシンを使って自動的に収益を得ていく方法です。

サイレントワーカーは、個人マイニングやFX投資などの不安定な不労所得とは違い、あらゆる欠点を克服してまさに「自動的にお金が入ってくる」という状態を実現してくれる内容になっています。

例えば投資だったら、最悪投資したお金がすべて返ってこなくなるようなリスクがあると思いますが、サイレントワーカーには「返金保証」があるためそういったリスクは回避できます。確実に稼げる内容だからこその保証であると言えますね。

また、マイニングでは故障や整備の手間に常に追われることになりますし、機器はどんどん古くなってしまうので結局マシンパワーを補うために整備投資金もかかってきて、結果プラマイゼロということになるケースも珍しくありません。

ですがサイレントワーカーでは、故障や設備更新に私たちユーザーがお金を支払うことはありません。すべて「無料」でメンテナンスが行われ、安定した自動収益を実現させてくれます。

まさに不労所得と言った感じですね。

マイニングや自動ツールの副業では詐欺まがいのものも沢山ありますが、サイレントワーカーは毎月しっかり報酬がもらえる上に収益保証がついているので、心配はいらないかと思います。

調べてもらえばレビューもいいものばかりで評価がかなり高いです。

また、最近は副業解禁に伴ってインターネットビジネス界の熱量も上がってきているのでチャンスだと思います。

副業を探していて自分で何か作業をしたくないという人はやってみてはいかがでしょうか?

仮想通貨は電子マネーとどう違うのか

仮想通貨は、たまに電子マネーと混同されている事があります。確かに仮想通貨は、電子のお金ではあります。しかし電子マネーとは大きく異なる点が複数あり、仮想通貨にはカードはありません。また国際的に通用するマネーでもあります。

国内だけでなく世界各国で幅広く使える

電子マネーは、原則として日本国内だけで通用するマネーなのです。海外にそのマネーを持ち込んだところで、お金として使用できる訳ではありません。クレジットカードとは異なるのです。
クレジットカードの場合は、もちろん海外旅行で使うことはできます。ただクレジットの場合、現金を使っているのです。現地通貨に両替していて、電子マネーとは異なります。
それに対して仮想通貨の場合は、世界各国の幅広い地域で使う事ができます。現にこの通貨は、海外に即時送金する事もできるのです。海外にお金を送るとなると、一応は海外送金という手段もありますが、それは外貨に両替する手続きを踏んでいるのです。ですから海外送金は、どうしても時間がかかってしまいます。仮想通貨の場合は、海外送金のように時間がかかる事はありません。即送金できるのです。
即座に送金できる以上、電子マネーのように日本国内に限られている通貨ではありません。ある意味、グローバル通貨とも言えるでしょう。

カードは発行されない仮想通貨

ところで電子マネーといえば、カードも発行されます。自動改札機にある読み取りセンサーにカードをタッチしている方も、よく見かけるでしょう。
したがって電子マネーを使用する場合、原則としてカードを持ち歩く必要があります。最近ではスマホで利用できる電子マネーもありますが、実店舗によってはスマホ決済に対応していない事もあるのです。やはり電子マネーは、カードが主流になります。
それに対して仮想通貨の場合、わざわざカードなどを発行する必要はありません。カードというより、WEBで使っていくことになるからです。証券所などで手続きを踏む必要はありますが、電子マネーのようにカードを持ち運ぶ必要はありません。
そもそも仮想通貨の場合、実店舗での支払いで活用されるケースはあまり多くありません。現時点では、仮想通貨での決済に対応していないお店も多いです。どちらかと言えば、投資取引などで活用されている傾向があります。電子マネーは、あまり投資などで活用されていないのです。
以上の点を踏まえると、仮想通貨と電子マネーは大きく異なります。両者は、全く異なる通貨であると見て良いでしょう。

ネットで稼げるお仕事まとめ